今までGP02を利用していましたが、iPhone5のLTEのスピードがたまらなく速かったので、LTE対応のGL04Pに機種変しました。GL04PはLTEサービスの他に今までの3Gサービスも対応しているそうなので、広い範囲で活躍するんじゃないかと期待しています。機種変で残念だったのが、GP02の解約料が結構高かったことかな。今なら最大5000円割り引いてくれるキャンペーン中だけど、そもそもこの手の契約って納得いかないことが多すぎる。

iPhone5のテザリングオプションも考えたのですが、通信量制限にすぐ引っかかってしまいそう。

本サービスは、「パケットし放題フラット for 4GLTE/4G」への加入が必要です。

なお、本サービスにお申し込みいただくことで、「パケットし放題フラット for 4GLTE/4G」を2年間5,460円(税込)でご利用いただけます。

特典

月額使用料525円が2年間無料
パケットし放題フラット for 4G LTE定額料 5,985円/月(7GB)→5,460円/月(7GB)(2年後は5,985円(7.5GB)となります。)
※毎月のデータ量が7GBを超えた場合に請求月末まで通信速度が送受信最大128kbpsに制限されますが、別途お申し込みいただくことで制限なく利用いただけます(2GBごとに2,625円か かります)。
※本オプションサービスに加入の場合、月額使用料無料期間終了後から「パケットし放題フラット for 4G LTE」の通信速度制限開始のデータ量が7GBから7.5GBになります。

またバッテリーもすぐなくなりそうなので、ルーターは今まで通り別持ちでしばらく利用してみます。


EGitでssh公開鍵を利用してgithubやSOURCEFORGE.JPのリポジトリにアクセスする方法の紹介です。今更ですが、SOURCEFORGE.JPを利用した開発の際にハマッタので備忘録です。

まずeclipseのメニュー Preferences > Network Connections > SSH2で、sshの設定を行います。 GeneralタブのSSH HomeとPrivate Keysの設定を確認して下さい。基本的にはデフォルトのままで問題ありません。

ssh2-KeyManagement

次にKey Managementタブでssh鍵を生成します。 「Generate RSA Key...」ボタンをクリックして鍵を生成します。 生成後、必要に応じてPassphaseを入力します(推奨)。 「Save Private Key...」をクリックしてSSH Homeに公開鍵と非公開鍵を保存します。 生成した公開鍵は、利用するリポジトリに登録します。

ssh2-General

最後にEGitを利用してリポジトリにPushします。 まず、Pushしたいプロジェクトを選択し、右ボタンで Team > Share Project... を選択します。

Share Project

Gitを選択し、「Use or create repository in parent folder of project」をチェックして「Create repository」をクリックしてリポジトリを作成します。

Configure Git Repository-1
Configure Git Repository-2
Configure Git Repository-3

続けてプロジェクトを選択し、右ボタンで Team > Commit を選択します。

Commit Changes

「Commit message」「Author」「commiter」「Files」を適切に入力/チェックしてコミットします。

続けてプロジェクトを選択し、右ボタンで Team > Remote > Push... を選択します。

Destination Git reposityの設定を行います。「URI」「Host」「Repository path」「Protocol」を適切に入力して次に進みます。「Authentication」は利用しないのでデフォルトのままで問題ありません。

Destination Git Repository

「Add create/update specifications」でマスターを選択して、「Add spec」をクリックし、「Next >」をクリックして進みます。

Push Ref Specifications

最後にリモートにプッシュする内容を確認して「Finish」をクリックします。

Push confirmation


Macをメインで利用するようになってから、あまりデスクトップPCをいじってなかったので、久々にデスクトップPCを組み直してみました。しばらく自作してなかったから、自分が浦島太郎状態になっていることに気づき、歳を感じました^^;が、負けずに2chやネットで情報収集しながら、次のアイテムを購入しました。


購入したアイテムリスト

  • [CPU]:Intel Core-i7-2600K BOX(1155/3.40/8M/C4/T8)
  • [M/B]:AUS P8Z68-V
  • [MEM]:ADATA DDR3 1600 8GB x 2
  • [HDD]:SEAGATE ST2000DL003(SATA3 2TB 5900rpm 64MB)
  • [DVD]:SAMSUNG SH-222AB/BEBE BULK(SATA 22X ソフト無し 黒)
  • [電源]:玄人志向 KRPW-600W/85+(ATX 600W 80+B)
  • [OS]:MS Windows7 Professional SP1 DVD(DSP)
  • [CASE]:ZALMAN Z9 PLUS
  • [ETC]:オウルテック OWL-BDR35SA(B)(SATA/SASリムーバブルユニット ブラック)
ASUS P8Z68-V
ASUS P8Z68-V

プロセッサは高パフォーマンスなCore-i7 2600Kをチョイスしました。マザボは、現在利用しているグラボが使えそうだから値段が安いP67系で良かったけど、ASUSのZ68系はDVIとHDMIの出力を同時に利用すれば、マルチモニタで利用できるらしいから、P8Z68-Vをチョイスしました。元X68Kユーザーとしては、68という響きが快いw。しかし、オンボードはドライバ依存が激しくWindowsでは問題なくマルチモニタで利用できましたが、Ubuntuではミラー出力しかできなかったので、結局前から使用しているGeForce9800GTを刺すことにしました。これじゃZ68を選択した意味がないw。 メモリは8GBでも良かったけど、値段が安かったので16GBにしてみました。一体何する気だろうw。


ZALMAN Z9PLUS
ZALMAN Z9PLUS

ケースは、今使っているPower Mac G4ぽいシルエットのケースをそのまま利用するつもりで電源だけ購入しましたが、結局コスパの高いと評判があるZALMANのZ9PLUSを後から購入しました。デザイン的にはあまり好みではないけど、ブルーのイルミネーションファンやフロントのケース内のテンプメータはミーハーな僕的にはOKかな。ケース内も比較的広く作業はしやすい方だと思いましたが、パーツの固定はすべてネジなので、その辺が面倒でした。しかし、値段的にも安いし、そこは許せるんじゃないだろうか。 後、DSP版で購入できるということもあり、ついでにWindows7も購入しました。インストールを始めて気がついたのですが、最近のWindowsのパッケージは32/64ビット版を区別していないんですね。パッケージには64ビット版て書いてなかったから、間違えて買ったんじゃないかとマジで焦ったぞ^^;



8月のからの現場復帰に向けて、リハビリ内容を模索中です。
現時点で次の調査・検証を行おうかと思っています。

  • Mule ESB 3.x
  • Liferay 6.x(どちらかというとplug-in開発)
  • Activiti 5.x

芋づる式で、

  • Apache Active MQ
  • Apache CXF

も引っかかりそうです。既にお腹一杯かも。

ちなみに暇つぶしに、次の言語もかじってます。。。

  • Scala
  • Go

なんか、現場復帰する前に廃人になりそうです orn...スミマセン