Go言語の実行環境をWindows環境に簡単に構築する方法


以前「Go言語と戯れてみた」で紹介したGo言語ですが、WindowsではLinuxやMac OSのように最新のソースコードから簡単にGO言語の実行環境を構築する方法が整っていません。

ちょっとGo言語に触れてみたいというWindowsユーザーには、次のサイトからgo-1.zipをダウンロードすることで簡単にGO言語の実行環境を構築することが出来ます。

http://code.google.com/p/go-windows/

インストール手順は、次の通りです。

  1. go-1.zipをダウンロードし、解凍する
  2. 次の環境変数を追加する
    set GOROOT=<go-1.zipを解凍した場所>
    set GOOS=mingw
    set GOARCH=386
  3. パスを追加する
    %PATH%;%GOROOT%\bin

これで8gや8lが利用できます。残念なことにgo-1.zipに含まれている環境は最小限の構成のようで、全てのパッケージがそろっているわけではありませんが、Go言語をちょっとかじるくらいなら充分でしょう。


あわせてお読みください