AquamacsにGo言語のモードを追加する


最近、Go言語のネタが多いですが、気にせずに行きましょう。

ちょっとGo言語のコードを書くにも、エディタがしっくりしなくて困っていましたが、「m92oの技術日記」にGo言語のリポジトリのmiscにgo-mode.elが含まれているとの情報がありましたので、早速試してみました。

筆者はmacportsでGo言語をインストールしたため、macportsが利用するソースフォルダ(デフォルトは/opt/local/src/go)を覗いてみました。m92oさんの情報の通り、miscフォルダの中にモードファイルが含まれていました。(ローカルにソースコードをチェックアウトしていない場合は、リポジトリ(https://go.googlecode.com/hg/misc/emacs/)から直接取得することも出来ます。)

emacsの他にもvimやxcodeのモードファイルも用意されているようです。

筆者は普段Aquamacsを利用しているため、Aquamacsにモードファイルを追加することにします。追加手順は次の通りです。

  1. ~/Library/Application Support/Aquamacs Emacs/以下にモードファイル(go-mode.el,go-mode-load.el)をコピーする
    今回は、~/Library/Application Support/Aquamacs Emacs/lispというフォルダを作成し、モードファイルをコピーしました。
  2. Preferences.elにGo言語のモードを追加する 
    ~/Library/Preferences/Aquamacs Emacs/ Preferences.elに次のコードを追加します。
    ;; Go Mode
    (require 'go-mode-load)

以上の設定後、AquamacsでGo言語のソースコードを開くと次のようになります。


あわせてお読みください