Nautilusの参照先をターミナルで開けるようにするためのプラグイン「nautilus-open-terminal」を紹介します。

次のコマンドで nautilus-open-terminal をインストールします。

Ubuntuの場合

sudo apt-get install nautilus-open-terminal

fedoraの場合

sudo yum install nautilus-open-terminal

インストールが完了すると、nautilusの右メニューに「端末の中で開く」が追加されます。

右メニューに「端末の中で開く」が追加されている


GNOME3では、利用言語で日本語を選択するとホームフォルダ内のフォルダ名(「ダウンロード」「ドキュメント」等)が日本語になります。Nautilusでアクセスする分には違和感はありませんが、ターミナルをよく利用する僕としてはフォルダ名は英語の方が都合がいいので、英語に変更する方法を紹介します。

ターミナルから次のコマンドを実行することで、フォルダ名を英語に置換することができます。

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

コマンドを実行すると、次のダイアログが表示されるので、 「Don't ask me this again」にチェックを入れて、Update Names を選択します。

コマンドを実行した際に現れるダイアログ

変更前のフォルダにファイルが残っている場合、日本語のフォルダが残ってしまいますが、必要に応じてファイルを移動して削除して下さい。


Fedora 15を新たに導入してGNOME3にも最近慣れてきました。GNOME3は、誤った情報が広がり評判は良くないですが、個人的にそんなに悪いとは思っていません。ただ、最初からデスクトップにランチャやフォルダを作成することができない点やユーザーインタフェースが大きく変わった点は、多くのユーザーにとってはなかなか受け入れられないのかもしれません。

そんなユーザーのために、今回はデスクトップにランチャやフォルダを作成する方法を紹介します。

Tweak Toolのインストール

Tweak Toolは、GNOME3の設定を変更するためのツールです。次のようにyumでTweak Toolをインストールします。

sudo yum install gnome-tweak-tool

Tweak Toolを起動する

インストール後、

アプリケーション > アクセサリ >  高度な設定のカスタマイズ(Tweak Tookのこと)

を選択して、Tweak Tookを起動します。

起動したら File Manager の Have file manager handle the Desktop を ON にします。

以上の設定でデスクトップにランチャやフォルダを作成できるようになります。

個人的には最初からデスクトップの利用が出来てるかTweak Tool自体が最初からインストールされていても良い気がします。