EclipseにLiferay IDEをインストールすることで、Liferayのportaletやhock等のplugin開発が容易になります。

Liferay IDEの導入環境

Liferay IDEをインストールするには、次の環境を用意する必要があります。

  • Jaja SE5以上
  • Eclipse IDE for Java Developer (Galileo SR2 またはHelios)

今回は、これらの環境(筆者環境はHelios)が事前にインストールされていることを前提にLiferay IDEのインストール手順を説明します。

...continue reading Liferay IDEをインストールする


Liferayがインストールされている webapps/ROOT/WEB-INF/classes に、次の内容で system-ext.properties を作成します。

system-ext.properties

# language settings.
user.country=JP
user.language=ja

# timezone settings.
user.timezone=Asia/Tokyo


LiferayのデフォルトのデータソースはHypersonicですが、これをMySQLに変更する方法を説明します。なお、LiferayとMySQLは、事前にインストールされていることとします。

portal-ext.propertiesの作成

Liferayでは、データソースの設定を portal-ext.properties というプロパティファイルで管理しています。Liferayがインストールされている webapps/ROOT/WEB-INF/classes に、次の内容で portal-ext.properties を作成します。この設定では、接続したデータベースにLiferayのスキーマが存在しない場合は、初回のみ自動でスキーマを作成する設定となっています。

# DataBase Connection
# using mysql
jdbc.default.driverClassName=com.mysql.jdbc.Driver
jdbc.default.url=jdbc:mysql://localhost/lportal?emulateLocators=true&useUnicode=true&charsetEncoding=UTF-8&useFastDataParsing=false
jdbc.default.username=liferay
jdbc.default.password=liferay

# automatically creates schemas on startup, when schema doesn't exist. 
schema.run.enable=true
schema.run.minial=true

データベースの作成

MySQL上に、Liferayで利用するデータベースを作成します。

$ mysql -u root -p
mysql> create database lportal default character set 'utf8';
mysql> grant all privileges on lportal.* to liferay identified by 'liferay';
mysql> exit;

なお、Liferayで利用するデータベースのキャラクタセットは、UTF-8で統一されている必要がかります。確認する場合は、次のMySQLのコマンドでキャラクタセットがUTF-8に統一されていることを確認して下さい。

mysql> use lportal;
mysql> status;


Liferay

Java言語で開発されているエンタープライズポータル「Liferay」のCommunity Editionをソースコードからコンパイルし、動作環境を構築するところまで説明します。

ターゲットの環境

  • Apache Tomcat.6.0.29
  • Java SE6
  • Apache ant 1.8.1

なお、ここではtomcat、Java、antに関する説明については省略します。

...continue reading Liferayのソースコードから動作環境を構築する